6月19日(日)開催の社員総会(定時)で今年度の事業が決定しました。

主な項目をご紹介します。


三陸&東海防災フォーラム伝は法人化して2年目を迎えました。社員総会では昨年度の事業・会計報告と、今年度の活動全般について討議されました。

その中から今年度の事業についてご紹介します。




〈新規〉「オンライン学習会」 

  を定期開催します 


学びの場を継続して設定し、防災について専門家の知見に触れ、オンラインで仲間と語り合いながら学びを深めていきます。オンライン学習会は8月、11月、他1回の計3回行います。第1回目となる8月は当法人代表理事の松本大(東北大学 准教授)の講座からスタートします。当法人研究部の若い世代が中心となって企画しがんばりますので、どうぞご参加ください。詳細は今後ホームページで案内して参ります。



2「第2回防災サバイバルキャンプを 9月10日(土)~11日(日)に開催します


昨年好評を博した防災サバイバルキャンプ。今年は≪食≫に焦点をあてて、ロケットストーブの製作と実際に煮炊きやパン作りにトライします。近日中に募集開始予定。

会場は宮城県仙台市の 大倉ふるさとセンターキャンプ場 です。



3 クラウドファンディングに

  取り組みます


私たちが継続して活動していくために皆様のご支援をお願いしたく、クラウドファンディングに取り組んで参ります。被災地でがんばっておられる生産者の方々に縁をいただきリターン品とさせていただくことで、被災地支援にもつながります。準備が整い次第ホームページ等でご案内します。合わせて基金やご寄付でのご支援もお願いして参ります。



〈新規〉「公式ライン」を

  導入します


これまで私たち伝のイベントに参加してくださった方、支援してくださる方々に伝の情報をいち早くお届けするために、公式ラインを導入することが決まりました。今後準備に取り組んで参ります。



上記のほか、4月2日に「一家に1台ロケットストーブ講座」を昨年度に引き続き仙台市で開催済です。

またこれまで名古屋と宮城県内で交互に取り組んできた防災フォーラムや被災地学習ツアーの事業については、新型コロナウイルスの状況等により今年度の開催について検討中であることをご報告します。


今年も三陸&東海防災フォーラム伝をよろしくお願いします。